米津玄師 勝手にランキング!

目安時間:約 5分

 

はいどうも!

音楽バカです!!

 

今回は以前、記事で書いた

 

米津玄師の曲を勝手にランキング形式で発表したいと思います!!

 

いやあ、でもね。

正直に言うとですね……

 

どの曲も1位なんですよねぇ……。

 

でも、あえて私の独断で、勝手にランキング!

始めちゃいます!!

 

第5位:Neon Sign

 

アルバム「Bremen」収録。

 

まずはこの曲!!

ミドルナンバーの中にある”別れの歌”

しかし歌詞にもあるように”再会を願う”歌でもあります。

 

どことなく切なく、優しい歌声が心に沁みてきます。

 

第4位:ポッピンアパシー

 

 

こちらはシングル「MAD HEAD LOVE」

のカップリングとなっている楽曲。両A面シングルですね。

 

これは音の使い方がとにかく面白い作品になってます!

バンドサウンドにこだわったことで

アルバム未収録となってしまったという裏話も有名なところ。

 

第3位:caribou

 

 

アルバム「diorama」収録。

 

この曲は自問自答のような会話劇を、

軽快なテンポに乗せて歌っています。

そのテンポが心地よい、そんな曲です!

 

ちなみに仕事帰りにプレイリストを再生すると、

必ずこの曲で家に着きます。笑

 

第2位:翡翠の狼

 

 

こちらはシングル「Orion」のカップリング曲です。

この歌詞が優しくて、ちょっぴりほろ苦くて好きなんです!

それでいて、元気づけてくれるあったかい、春のような曲調。

 

間奏で「あおーん!」と吠える米津さんにも注目です!!

 

 

第1位:花に嵐

 

アルバム「YANKEE」収録。

 

私はこの曲がたまらなく大好きなんです!!

 

素直になれない女の子と、弱気で優しい男の子の物語。

そのストーリー性のある歌詞は「私」の視点で語られています。

 

その純粋な想いが上手く表せない、不器用な女の子。

そんな女の子に、男の子が差し出したものは……?

 

きっと、聴き終わったあと、優しい気持ちになれることでしょう。

 

番外編:Nighthawks

 

アルバム「BOOTLEG」収録。

 

本来ならばランキングに入れたかった!!

BUMPとRADへリスペクトを込めて作られたオマージュ的な作品。

 

楽曲的にも、歌詞もどこかBUMPやRADに寄せつつ、

絶対的な米津節をこれでもかと詰め込んだ一曲です!!

 

米津玄師に捨て曲なし!

 

 

これはもちろん、どのバンドにも言えることです。

好きなアーティストなら、なおさら。

 

ですが、個性的な彼の楽曲は

 

絶対に飽きません!

 

これを機に、あなたも米津玄師の中毒性のある音楽に、

どっぷりとトリップしてみてはどうでしょうか。

 

 

ビデオパス

プロフィール!

 

音楽バカです!

邦楽ロックを愛する音楽バカです。

コミックやアニメなどの

サブカルチャーも大好きです!

よろしくお願いしますっ!

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ